ライアン・ゴズリングのインタビューを英語で読んでみよう

若手の実力派俳優として注目を集め、近年多くの作品に出演しているライアン・ゴズリング。批評家からの評価も高く、ますます目を離せない俳優です!(実は私も大ファン)
これは、ライアンが初めてのコメディ「Crazy, Stupid, Love / ラブ・アゲイン(日本題)」に挑戦した時のインタビューです。ライアン・ゴズリングの話すそのままの英語をぜひチェックしてみてください。

[出典] AskMenの記事より抜粋

Q・・・質問 (Question)   RG・・・ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)の答え

Q: Young, famous, successful, and single. Do you have anything in common with the romantic player you take on in Crazy, Stupid, Love?

RG:No. I’m more like Steve Carrell’s character — more the clueless, longing guy. And I don’t think my character is what he seems. He’s hurting, too. I’m more in tune with a story of unrequited love, like falling for your babysitter.

player 遊び人  take on (仕事などを)引き受ける  more like … むしろ…に近い  clueless 無知な  longing 切望の  in tune with … …に同調して  unrequited 報われない

Q: 若くて、有名で、成功していて、独身。あなたが「ラブ・アゲイン」で演じたロマンティックな遊び人と共通しているところはありますか。
RG: いいや。僕はむしろスティーブ・カレルの役柄に近いんだ。もっと無知で切望してる男なんだよ。それに僕の役柄は彼の見た目とは違うと思う。彼は傷ついてもいるんだ。僕は、自分のベビーシッターに恋をするような、報われない愛のストーリーにより同調するね。

Q: So, women don’t chase you all over New York and Los Angeles?

RG: No, it’s not really like that. I hate to disappoint anyone, but it’s not.

chase 追う  disappoint 失望させる

Q:じゃあ、女性たちはあなたをニューヨーク中やロサンゼルス中追い掛け回さないんですね。
RG: いいや、本当にそんな感じじゃないんだ。誰かを失望させるのは嫌いだけど、でも違うんだよ。

Q: If it’s not you, how did you get into the part of “playing the player?”

RG: I just did all of those things men’s magazines say to do: How to dress, what exercises you’re supposed to do — all of that. I don’t know enough about picking up women or playing “the game,” but there are men out there who swear by it. But the general philosophy of the film is not to use pickup lines or lame bar banter. Just talk to them as you would to a friend. If there’s any wisdom in the film, that’s it.

get into 身につける、習得する  pick up 拾うという意味だが、ここでは女性をナンパするという意味  out there 外には、世の中には  swear by … …に信頼を置く  pickup line 口説き文句  swear by … 下手な、まずい、見え透いた  banter 冷やかし、からかい

Q: それがあなたじゃないなら、どうやって「遊び人を演じる」パートを身につけたんですか。
RG: 僕はただ男性の雑誌がしろと言うことをすべてやったんだ ― 何を着るか、どんなエクササイズをやるべきか ― その全部をね。僕は女性をナンパしたり「ゲーム」をすることについて十分には知らないけど、それを信じる男性が世の中にはいるんだからね。でもこの映画の一般的な哲学は、口説き文句や見え透いたバーでの冷やかしを使わないことだよ。ただ友達に話すようにしゃべるんだ。この映画の中に何か知恵があるとすれば、それだね。
Q: Crazy, Sexy, Love is your first comedy. Why did you pick this one?

RG: I always wanted to do a comedy, but I wanted to pick the right one. But it came down to working with Steve Carell. I’ve wanted to work with him since I met him years ago as a kid. If you’re going to lose your comic virginity, you want it to be with Steve. And the same goes for Emma Stone. As soon as she walked into the room, I knew the movie would be good. I was well surrounded. I watched all of both [Carrell’s and Stone’s] movies because I was a fan, but also to see what they do. I realized that they’re so good because they make everyone around them funny. There’s something about what they do, how they react. So, even though I’ve never made a film like this before — it was outside my comfort zone — I just gave myself over to my fellow actors and accepted the help.

surrounded 囲まれる  comfort zone 安全地帯、居心地のいい範囲  fellow 仲間

Q: 「ラブ・アゲイン」はあなたにとって初めてのコメディですね。どうしてこの作品を選んだのですか。
RG: 僕はずっとコメディをやりたいと思ってたけど、正しいものを選びたかったんだ。でもスティーブ・カレルと一緒に働けることになったんだ。僕は何年も前の子どもの時に彼と会ってから、ずっと彼と仕事がしたかったんだ。もしコミック・バージンを失うなら、スティーブと一緒にやりたいものなんだ。同じことがエマ・ストーンにも言える。彼女が部屋に入ってきてすぐに、僕はこの映画がいいものになるってわかったね。僕は周りに恵まれたんだ。僕は(キャレルとストーンの)両方の映画のすべてを見たんだ。なぜならファンだし、それとまた、彼らがすることを見るためにね。彼らは自分の周りのみんなを面白く見せるから、彼らはすごいって気が付いたよ。彼らがすること、彼らの反応の仕方には何かあるんだ。だから、僕はこのような映画を今まで作ったことはなかったにもかかわらず ― これは僕の安全地帯の外だったけど ― 自分を仲間の俳優たちに投げ出して、助けをもらったんだ。

ryan_gosling

It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors

Related posts

Top