映画 『チャーリーズ・エンジェル』から、英語表現・英会話フレーズをピックアップ

1976~81年にテレビドラマとして人気を博し、2000年にはキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結した映画版も大ヒットを記録した「チャーリーズ・エンジェル」の再映画化。今回新しいエンジェルたちを演じるのは「トワイライト」シリーズで有名なのクリステン・スチュワート、に「アラジン」のジャスミン役でブレイクしたナオミ・スコット、イギリスの新星エラ・バリンスカです。ちなみに、日本語のタイトルは「チャーリーズ・エンジェル」ですが、エンジェルは3人なので、英語のタイトルは “Charlie’s Angels” で「エンジェルズ」と複数形ですよ!見ると元気がもらえるガールズ・パワー・ムービーからセリフを紹介します。

※ 内容には、実際の会話表現と一部ストーリーが含まれます。
見る前にストーリーを知りたくないという方は、注意してくださいね。

Let me be crystal clear here.     ここでハッキリ言おう

後にエンジェルになるエレーナが会社で上司のフレミングと話す時に、フレミングから言われた一言です。
“Let me be clear.” は直訳すると、「私がはっきりするのを許してください」という意味ですが、自分の言っていることを理解しない人に対して「ハッキリ言わせてもらうけど・・」という意味の枕詞として使われるフレーズです。それまでの言葉を選んだオブラートに包んだ言い方では伝わらないと思ったら、このフレーズを使ってから要点を伝えましょう。このセリフは clear の前に「水晶」という意味の crystal をつけて、clear をさらに強調していて、「非常にはっきりと」という意味になっています。
似たような表現として、「率直な」という意味の形容詞 straight を使って “Let me be straight.” というフレーズもあります。

 

I’m grateful for all the work that we have done together.
我々が共にしたすべての仕事に感謝している

エンジェルたちを取りまとめてきたジョン・ボスレー(Bosley)が退職する際のスピーチ冒頭で話した一言です。grateful は「感謝している、ありがたく思う」という意味の形容詞で、I’m grateful for … で「私は…に感謝しています」と言う時に使われる表現です。work の後ろに関係代名詞のthatを使って、「我々がこれまで共にしてきた」という意味を加えています。この時は「これまでしてきた」という継続的な意味になるよう、現在完了形の時制を使うことがポイントです。

 

It takes a lot to come forward, and I appreciate your courage.
よく話してくれた その勇気に感謝します

エレーナが内部告発者としてエドガー・ボスレーに会いに行った時に、エドガーがエレーナに言った一言です。
この take は「~を要する、必要とする」という意味で使われていて、“It takes a lot to … “ で「…するのは大変だ」という意味の表現です。come forward は直訳すると「前に来る」ですが、「前に出る、名乗り出る」という意味で使われます。appreciate は「感謝する」という意味で、thank you よりもフォーマルな表現なのでビジネスの場面でもよく使われる単語です。

 

Elena: This is the closet of my dreams. And I just get to take whatever I want?
 夢のようなクローゼットだわ 好きなだけもらえるの?
Jane: Borrow.    借りるの
Sabina: Is that an actual rule?    それほんとの決まり?

エンジェルたちの隠れ家にある衣装クローゼットに入った時のエレーナ、ジェーン、サビーナの会話です。
この take は「もらう、自分のものにする」という意味で、そのエレーナの言葉に対してジェーンが borrow(借りる)、つまり返さなくてはいけないと訂正しています。その後のサビーナの一言をみると、サビーナはちゃんと返さずにもらっちゃってるようですが・・・。この take を使って、買い物の時に「こちらをいただきます」と言う時は “I’ll take this.” という表現を使います。

 

It’s been a really tough week. I can’t lose her too.
今週は散々だった 彼女まで失えない

隠れ家が攻撃され、傷を負ったサビーナ。治療を受けてベッドに寝ている彼女の横で心配するジェーンのセリフです。
ここで紹介したいのは、形容詞の tough を使って表現です。日本語でも「彼女はタフだ」という使われ方をしますが、人について言う時は「(肉体的・精神的に)たくましい、頑丈な」という意味に加え、仕事や状況について言う時は「つらい、きつい、厳しい」という意味があります。「つらい日々」は “tough days”、「厳しい決断」は “tough decision”、「困難な仕事」は “tough work” といった言い方をします。

 

So you wanna go to California and train to be an Angel?
じゃあ、カリフォルニアに行ってエンジェルになる訓練を受けたい?

映画の最後、仮のエンジェルとして活躍したエレーナを正式なエンジェルとして採用するために誘う時のセリフです。
日本語でも使われている「トレーニング(training)」は、この「訓練する」という意味の動詞 train の名詞形です。“train to be …”で「…になるための訓練をする」という意味の表現です。
新エンジェルの3人もそれぞれに個性的で息もぴったりな面白い映画だったので、次回作にも期待したいところです!

Kristen Stewart, Naomi Scott, Ella Balinska and Elizabeth Banks star in Charlie’s Angels.
It's fun to share! Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Print this page
Print

あわせて読みたい