サンドラ・ブロックのインタビューを英語で読んでみよう

『スピード』でヒロインを演じ、一躍有名になったあとも、その気取らない気さくな人柄で、”Next Door Girl”(隣りのお姉さん)として老若男女から人気のあるサンドラ・ブロック。最新作『あなたは私の婿になる』(原題:The Proposal)では、年下部下を振り回す強い上司を演じています。明るくて、面白くて、とってもスマートなサンドラらしく、インタビューの受け答えもユーモアに富んでいてかなり笑えます!

[出典] Movies OnlineOrange UKの記事より抜粋

Q・・・質問 (Question)   SB・・・サンドラ・ブロック(Sandra Bullock)の答え

Q: That nude scene was very bold and you looked fantastic.
SB: Thank you for that.
Q: Can you talk about…?
SB: Ryan’s penis? I can. At length.
Ryan Reynolds: In great detail.

nude ヌード  bold 大胆な  fantastic 素晴らしい  at length 長々と  detail 詳細 

Q: あのヌードシーンはとても大胆で、素晴らしく見えましたよ
SB: それはありがとう
Q: あれについて話せますか?
SB: ライアンのペニスについて?話せるわよ。長々とね。
ライアン・レイノルズ: とっても詳しくね。

Q: We know you as such a likable character.
SB: I’m a good actress. That’s why you know me as likable.
Q: How did you put that likable energy into this bitchy character.
SB: Because I am a bitch. I am a horrible, evil bitch but I’m a good actress and I can act like a really sweet person. Everyone has it in them. I said for three months that I could be a bitch and people were like, ‘Why are you being that way?’ I said, ‘It’s my character. I’m in character. I don’t have to apologize for being this way.’ I take it home with me. I’m a bitch because I’m working as a bitch. It’s in my contract.

likable 好かれる  bitchy 意地の悪い  bitch 意地悪な女、嫌な女  horrible ひどい  evil 悪魔のような  act 演じる  sweet 甘い、優しい  apologize for~ ~について謝る  contract 契約

Q:私たちはあなたをとても好かれるキャラクターだと思っています。
SB: 私はいい女優よ。だから私のことを好かれると思っているのよ。
Q:どうやってその好かれるエネルギーを意地悪いキャラクターに注いだんですか?
SB: なぜなら私は意地悪な女だからよ。私はひどい、悪魔のような嫌な女だけど、私はいい女優だから本当に優しい人のように演じられるの。誰もがそんなところを持っているわ。3ヶ月の間、私は意地悪な女になれるって言っていると、人々は「なんでそんなふうなの?」って感じだったけど、私は言ったの。「これは私のキャラクターなのよ。私はキャラクターになりきってるの。だからこんなふうでいるからって謝る必要はないわ。」私はこのキャラクターを家にも持ち帰るの。私は嫌な女として働いてるから、嫌な女になっているのよ。これは私の契約に含まれてるの。

Q: Was there a point in your life where you have been successful professionally but not personally, like Margaret?

SB: I never thought she had an empty life – at least I don’t think she thought so. I think her love, her family, her life, her passion was her work. Everything she did – from her suits to the cereal she ate in the morning to the TV that she had – was designed around her greatest love, which was her job. She didn’t have anything missing until she tried to blackmail someone. He then turned the tables, took her to his home-town, tried to make her miserable and she was introduced to what family was about. That opened up a side of her that I don’t think she had dealt with in a very, very long time. So, I don’t think she was missing anything. Just like, as I have gone through my life, I was missing nothing.

professionaly 職業的に  personally 個人的に  never 一度も~ない、全く~ない  empty 空っぽの  at least 少なくとも  passion 情熱  design デザインする、描く  miss 逃す  blackmail 脅す  turn the table 形勢を逆転する  miserable 惨めな  deal with~ ~に対応する、対処する 

Q: あなたの人生の中で、マーガレットのように、職業的には成功していても、個人的には成功していない時がありましたか?
SB: 私は、彼女が空っぽな生活を送っていたとは思わなかったわ。少なくとも、彼女はそう思っていたとは思わない。彼女の愛、家族、人生、情熱は、自分の仕事だったんだと思う。彼女がしたすべてのこと-彼女のスーツから、朝に食べるシリアルから持っていたテレビまで、彼女の最大の愛、それは仕事の周りに描かれていたの。彼女は、誰かを脅そうとした時まで、逃していたものは何もなかったのよ。彼はそこで形成を逆転して、彼女を自分の故郷へと連れて行き、彼女を惨めにしようとして、彼女は家族というものに出会うの。それは、彼女のある一面、彼女がとてもとても長い間触れてこなかったと私が思う一面を開いたのよ。だから、私は彼女が何かを逃していたとは思わないわ。ちょうど、私が自分の人生を通して、何も逃していなかったようにね。


sandra_bullock

Q: How much did your life change after your proposal?

SB: My life changes dramatically every time I get up out of bed. After my proposal, life changed in that I wasn’t asked to change. I always thought that marriage meant someone was going to ask you to stop being who you were. And I met someone who not only wants me to be who I am but likes it. So, my life changed in that my views towards marriage stopped being morbid.

proposal プロポーズ  dramatically 劇的に  marriage 結婚  views towards… ・・・への考え方、見方  morbid 病的な、憂鬱な 

Q: あなたの生活は、プロポーズの後にどれくらい変わりましたか?
SB: 私の生活は、ベッドから起き上がるたびに劇的に変わるのよ。プロポーズの後は、自分が変わることを頼まれないように生活が変わったわ。私はいつも、結婚とは、誰かが自分にありのままの自分であることをやめるように頼むことを意味すると思っていたの。それで、私は、ありのままの私でいて欲しいと思うだけじゃなくて、ありのままの私を好きだという人を見つけたの。だから、私の生活は、結婚への見方が憂鬱なものではなくなったという点で変わったわ。

Q: If love doesn’t discriminate, why are you married to a fellow celebrity [US TV star Jesse James]? Why are so many celebrities married to a fellow actor when there are other people out there?

SB: Well, guess what, my husband is not an actor. Did you know who my husband was before I married him? Most people don’t, and I’m sure he would prefer that. He’s an extraordinary human being. He’s one of the most talented people I have ever met in my entire life – a great father, an amazing husband and an insanely funny man. Sadly, the nature of what I do brings attention to people who have no desire to be in that spotlight and it can destroy lives. I think I benefited from marrying him… I think him marrying me brought on so many hardships and cruelty because of the limelight now being shone on him. Thank God he still loves me.

discriminate 差別する  fellow 仲間  celeblity セレブリティ、有名人  actor 俳優  prefer 好む  extraordinary 並外れた、非凡な  human being 人間 
talented 才能のある  insanely めちゃくちゃ  sadly 悲しいことに  nature 性質  attention 注目  desire 望む  spotlight スポットライト  destroy 破壊する  benefit from~ ~から恩恵を受ける  hardship 困難、苦労の種  cruelty 残酷さ  limelight スポットライト、注目の的

Q: 愛が差別しないのならば、どうして仲間の有名人(アメリカのテレビスター、ジェシージェームズ)と結婚しているのですか?外には他の人がいるのに、どうしてそんなにたくさんの有名人が、仲間の俳優と結婚するのでしょう?
SB: そうね、でも聞いて。私の夫は俳優じゃないわ。私が彼と結婚する前に私の夫が誰か知っていた?ほとんどの人は知らないし、彼はそれを好むって確信してるわ。彼は並外れた人間よ。彼は、私が今までの人生で出会った最も才能のある人の一人よ。すごい父親だし、素晴らしい夫だし、めちゃくちゃ面白い男なの。悲しいことに、私がすることの性質が、スポットライトの中にいることを望まない人々にも注目を集めてしまって、それが生活を破壊しうるわ。私は彼と結婚したことから恩恵を受けたけど・・・彼は私と結婚して、彼に今当てられるスポットライトによって、とってもたくさんの困難や残酷さを与えられたと思う。彼が私をまだ愛してくれてて良かったわ。

ゼロ・グラビティで共演したジョージ・クルーニーと

ゼロ・グラビティで共演したジョージ・クルーニーと


It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors

Related posts

Top