映画 『ベガスの恋に勝つルール』から、英語表現・英会話フレーズをピックアップ

キャメロン・ディアスが今回演じるのは、ウォールストリートで働くバリバリのキャリアウーマンのジョイ。一方、アシュトン・カッチャーが演じるのは真面目に働かないお気楽男のジャック。そんな2人が羽目を外すために訪れたベガス(ラスベガス)で出会い、意気投合。そして何と酔った勢いで結婚までしてしまいます!翌朝、早速結婚を解消しようとした2人でしたが、そこで思わぬ出来事が・・・!
全くタイプの異なる2人のドタバタのラブストーリーを楽しみながら、英会話表現を学びましょう。

※ 内容には、実際の会話表現と一部ストーリーが含まれます。
見る前にストーリーを知りたくないという方は、注意してくださいね。

I’m gonna turn on the lights, and that’s when you yell “surprise”.
    私が電気をつけるから、そしたら「サプライズ」って叫んでね

ジョイが婚約者の誕生日にサプライズパーティーを開きます。アメリカの映画やドラマでは、このサプライズパーティーがよく見られますよね。surprise (サプライズ) とは、驚き、びっくりという意味なので、つまりこれは日本の「どっきり」みたいな感じです。この「サプライズ」のお決まりのパターンが、部屋の電気がついたところで、そこに隠れていた友人たちが一斉に「サプライズ!」と叫ぶもの。このジョイのセリフは、その段取りをみんなに説明しています。
電気をつけるの「つける」は、 turn on という表現を使います。みんなで一斉に言う “surprise” は、say (言う) だとちょっと弱いので、yell (叫ぶ、大きな声で言う) という単語を使っています。あなたもサプライズパーティーに参加した場合は、大きな声で「サプライズ!」と言ってみて下さいね。

“What’s mine is yours,” baby? We’re married now, remember?
    ”夫のものは妻のもの”でしょ? 私たちは夫婦よ お忘れ?

酔った勢いで結婚してしまった翌朝、離婚に合意したジョイとジャックでしたが、その直後、何とカジノのスロットでジャックが300万円を当てるのです!大喜びして「このお金は自分のものだ」と言うジャックに対して、ジョイが言ったのがこの一言。予告編では、この “remember?” というところで、指輪のはまった薬指を立てるキャメロン・ディアスが映っています。
“What’s mine is yours.” というのは、訳すと「私のものはあなたのもの」ですね。ここでは、夫婦というものは互いに分かち合うものでしょ、という意味なので「夫のものは妻のもの」という日本語訳になっています。ここでの “baby” (ベイビー)は、「赤ちゃん」ではなく、夫婦間で親しく呼び合う時に使う「ハニー」や「ダーリン」同じ「あなた」という意味です。

I’d rather do nothing and be happy than do something I know I don’t love.
    僕ならイヤなことをするよりも、何もせずにハッピーでいる方がましだね

同居を始めたジョイとジャック。だらだらして仕事もしないジャックがジョイに言った言葉です。
I’d rather A (I would rather A) than B という構文が使われていますが、これは「自分ならBよりもむしろAしたい、BよりはAの方がましだ」という意味です。ここでratherの後ろは動詞の原形がくることに注意してください。この一文を見てみると、 “do something I know I don’t love” (自分が大好きではないとわかっていることをする)よりも、 “do nothing” (何もしない)で “be happy” (幸せでいる)方がましだ、と訳すことができます。このbeは、「~でいる」という意味のbe動詞(am、are、is)が原形になっているので、be happy となっています。

We didn’t think you’d ever settle down.     あなたは一生独身かと思ってたわ

ジョイとジャックが結婚したことに対して、訪ねて来たジャックの両親がこう言います。
settle down は「落ち着く」という意味で、「気持ちが落ち着く」という使い方もしますし、このように「身を落ち着ける=結婚する」という意味でもよく使われます。この一文を直訳すると、「私たちはあなたが落ち着くと思っていなかった」ですね。ではこれを言い方を変えて、「私たちはあなたが落ち着かないと思っていた」とすると、英語はどのようになるでしょうか。答えは、”We thought you’d never settle down.” です。ただ一般的に英語では、「~ではない(←否定形)と思う(←肯定形)」という言い方よりも、「~だ(←肯定形)と思わない(←否定形)」という表現が多いです

I don’t know what made you change your mind. I don’t need to. Just, thank you.
    なぜ考えが変わったのか知らないけど   知る必要もないけど   ただ、ありがとう

ジョイは会社のパーティーへジャックに来てくれるように頼んでいましたが、ジャックは初め行かないと言っていました。しかし、当日現れたジャックに対してのジョイのお礼のセリフがこちら。
what makes you … は、why you … と同じで、「なぜ・・・する」という意味です。この文では過去形になっていて、「なぜあなたが考えを変えたのか (何があなたの考えを変えさせたのか)」という訳になります。次の文の “I don’t need to.” は、その後ろに続く I don’t need to (know what made you change your mind) が省略された形です。

Do you want to be married to me? Again?     僕と結婚したい? もう一度

ラストでジャックがジョイにプロポーズするシーンです。
“Do you want to be married to me?” (僕と結婚したい?) は、1番一般的なプロポーズの表現 “Will you marry me?” (僕と結婚してくれる?) に比べるとカジュアルな言い方ですね。動詞の marry (結婚する)は、marry 人 という形を取り、前置詞はつけません。一方、ここで使われている形容詞の married (結婚する/結婚している)は、married to 人 という形で、前置詞のtoが必要です。紛らわしいですが覚えておきましょう!


It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors

Related posts

Top