[出典] Indie Londonの記事より抜粋

Q・・・質問 (Question)   SJ・・・スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)の答え

Q: How was it working with Woody Allen on Match Point?

SJ: It was fantastic. He would probably want me to say he was a beast or a monster or something. That’s what he said: ““When you do your press interviews make sure they know how horrible I am.” But he was more than I ever could have dreamed of, I just adored working with him. I think we made a good pair, he was hysterical – very insulting. He was always trying to dig into your personal life, he wants to know every aspect of your romantic life, trying to live vicariously. He was very funny and I adored him. I would do it a million times over.

probably おそらく  want A to ~ Aに~してもらいたい  beast 野獣  monster モンスター  press 報道陣  make sure that… 必ず…となるようにする  horrible ひどい 
adore 大好きだ、崇拝する、敬愛する  hysterical ヒステリックな  insulting 屈辱的な、無礼な  dig into 掘り下げる  aspect 側面  vicariously 身代わりで  a million 100万 

Q: 『マッチポイント』でウッディ・アレンと一緒に働くのはどうでしたか?
SJ: 素晴らしかったわ。彼はおそらく私に、彼は野獣かモンスターか何かだったって言ってほしいんでしょうけど。そう彼が言ったのよ。「報道陣のインタビューをする時は必ず、自分がどんなにひどいか彼らがわかるようにしてくれ」ってね。でも、彼は私が今まで夢にみていた以上で、私はただ彼と働くことが大好きだったわ。私たち、いいペアだったと思うの。彼はヒステリックで、とても無礼だったわ。彼って、いつも人の個人的な生活を掘り下げようとしているの。人の恋愛生活のすべての側面を知りたがっていて、自分もその人と同じように生活している気分を味わおうとしているの。彼はとっても面白くて、私は彼のことが大好きだったわ。100万回以上でも彼と仕事をしたいわね。

Q: Were you nervous?

SJ: Oh yes, on the first day I was working with Woody, I was really, really nervous. I didn’t know anything about him except that I adored his work. I walked onto the set on day one of filming in London and my first couple of takes were just horrible. I was thinking: “Oh, my God, that was awful, what on earth is going on here?”
Then I realised I was just nervous. I knew I just had to get over the feeling because there were five weeks of filming ahead of me and I couldn’t be nervous the whole time.

nervous 緊張する  except that… …ということを除いて  filming 撮影  couple of 2,3の  awful ひどい  on eaeth 一体全体  realise/realize ~に気がつく、実感する  get over ~ ~を克服する  ahead of ~ ~の前に  whole time ずっと

SJ: そりゃあもちろん。ウッディと一緒に働く初日、私は本当に本当に緊張してたの。私が彼の作品を崇拝していること以外、彼のことを何も知らなかったんだもの。ロンドンでの撮影一日目にセットまで行って、私の初めの2,3このテイクはただひどかったの。私は考えてたわ。「どうしよう、あれはひどかったわ。一体全体ここでは何が起こっているの?」ってね。それで、私はただ緊張していたんだって気がついたの。私の前には5週間の撮影があって、その間ずっと緊張してはいられないんだから、私はただこの気持ちを克服しなければならないって思ったわ。

Q: Tell us about your character Nola, she is something of a femme fatale isn’t she?

SJ: I don’t know necessarily that she’s a femme fatale. I think she’s a sexy girl, but she’s sort of surviving anyway she can. She wants a comfortable lifestyle and has found a comfortable lifestyle. But then passion overcomes her and she has this affair, but she’s still very realistic about the fact that Tom, who she’s with originally, is going to give her a comfortable life and she is happy with him. I don’t know that she is so seductive and luring, just as any woman is.

something of a ~ ちょっとした~である  femme fetale 魔性の女  necessarily 必ずしも  survive 生き残る、生き延びる  comfortable 快適な  passion 情熱  overcome ~を圧倒する  affair 情事  realistic 現実主義  the fact that… …という事実  originally 元々  seductive 誘惑的な  luring 魅力的な 

SJ: 彼女が必ずしも魔性の女かは私はわからないわ。彼女はセクシーな女の子だと思うけど、でも彼女はただ自分ができる方法で生き延びているんだと思うわ。彼女は快適な生活が欲しくて、それを見つけたの。でも情熱が彼女を圧倒して、彼女はあの情事を持ってしまった。それでも彼女は、もともと付き合っていたトムが彼女に快適な生活を与えてくれるし、自分は彼と一緒にいて幸せだという事実に対しては現実的なのよ。彼女が、他のどんな女性とも同じように、とても誘惑的で魅力的であるかはわからないわね。


Q: Your mother recently said you were making too many films, is she right?

SJ: She would probably like me to take a vacation, probably a vacation with her. It’s like: “I never see you anymore…” But she gets it, she knows I am happy, she knows what I want. She’s good in that way. Even though she might advise me to not take something and hang out at home in her motherly way. She gets it. That goes for all of my siblings, she cares that we are doing stuff that we really care about.

take a vacation 休暇を取る  anymore もう、これ以上  get it わかる  in that way そういう意味で  even though… …にもかかわらず  hang out ぶらぶらとして時間を過ごす  motherly 母親らしい  sibling 兄弟・姉妹  care about 大切に思う 

Q: お母さんが最近あなたに、あなたはたくさんの映画を撮りすぎていると言ったそうですね。彼女は正しい?
SJ: 母はおそらく私に休暇を取って欲しいんでしょう。おそらく彼女と一緒の休暇をね。「もうあなたの顔を全然見ないわ・・・」って感じなのよ。でも、母はわかってくれてるわ。私が幸せだって知っているし、私が欲しいものを知っているの。そういう意味では母は大丈夫なのよ。母が私に何かをしないで、家でぶらぶらするように、母親らしい言い方で私にアドバイスするかもしれないけれどね。彼女はわかっているわ。そういうことを言うのは兄弟みんなに対してだし、母も、私たちが本当に大切に思うことをしていることは大事だと考えてくれているわ。

Q: Would you ever thinking of taking time off?

SJ: I don’t really know what that would get me. I don’t have many hobbies. There are very few things I could think of doing in a year off. I mean this is what I do. Not just for a living, it’s like my art, it’s all I know to do, it’s all I want to do, it’s all I think about. It would be like asking an artist to put down his paintbrush and to forget about painting that image in his mind. I would be at a loss. I like to travel, I suppose, that’s what I would do. And read a lot.

take time off 休みを取る  hobby 趣味  put down 置く  paintbrush 絵筆  at a loss 途方にくれて 

Q: 休みと取ろうと考えますか?
SJ: 休みを取ったら何がいいのかあまりわからないのよね。たくさんの趣味もないし。1年のお休みでしようと考えつくものが本当にほとんどないのよ。だって、これが私がすることだもの。ただ生活のためじゃなくて、これは私の芸術で、私が知っているすることのすべてで、私がしたいことのすべてで、私が考えることのすべてなのよ。休みを取ることは、画家が絵筆を置いて、自分の頭の中にあるイメージを描くことを忘れるように言われるみたいな感じじゃないかしら。私、途方にくれちゃうわよ。旅行をすることは好きだと思うから、そうするでしょうね。あと、たくさんの読書と。
It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone