ジョニー・デップのインタビューを英語で読んでみよう

今や、パイレーツ・オブ・カリビアン シリーズのキャプテン ジャック・スパロウとして知らない人はいないジョニー・デップ。
そのジョニー・デップがアンジェリーナ・ジョリーと主演し、2011年3月に公開される映画が『ツーリスト』。今回は、その『ツーリスト』に関するインタビューをお届けします。ジョニー・デップの話すそのままの英語をぜひチェックしてみてください。

[出典] POP SUGERの記事より抜粋

Q・・・質問 (Question)   JD・・・ジョニー・デップ(Johnny Depp)の答え

Q: In terms of where you are at in your career as a global movie star, what makes you choose a project?

JD: I never think of myself on those terms as a “huge global movie star,” so I can’t help but smile because it just doesn’t register as me. It still feels like I’m doing the same bits, just trying something different each time, exploring something new. It’s important to keep challenging myself and try to come up with some new face every now and again.

in terms of … …の観点から  can’t help but … …することしかできない  explore 探る、探検する  come up with … …を思いつく  every now and again 時々、しばしば

Q: 世界的な映画スターとしてのキャリアにおけるご自身の現在位置の観点から、どうやってプロジェクトを選んでいますか。
JD: 僕は自分のことを「巨大な世界的映画スター」といった単語で考えることは全くないよ。だから、僕は微笑むことしかできないね。だってそれは僕じゃないんだから。今も、自分は同じことをしている感覚さ。ただ毎回何か違うものを試して、何か新しいものを探るってことかな。自分自身に挑戦し続けて、時折新しいものを考え付こうとすることは大切なことだからね。

Q: Many of your most famous characters have tons of elaborate costumes and makeup. What did you bring to your character Frank?

JD: The story, the script, and the character dictate where you’re going to go. I imagine someone I may have known in the past that reminds me of a character. [The Tourist’s] Frank has this heavily groomed beard, which I by the way can’t grow so was all glued on. It’s a perfectly landscaped beard, which came from a guy I knew years ago and I was always fascinated with, because it looked like something in a jar. I couldn’t believe someone could actually treat a beard so pristine.

tons of たくさんの  elaborate 凝った  dictate 決定づける  in the past 過去に  remind 人 of … 人に…を思い出させる  landscape (景観を)造る  fascinated with … …に夢中になる  jar 瓶  pristine 手付かずの状態 

Q:あなたが演じる有名なキャラクターの多くは、たくさんの凝った衣装を身につけ、化粧をしていますね。あなたのキャラクターFrankには何をしましたか。
JD: ストーリー、脚本、そしてキャラクターが、自分がどこへ向かうかを決定付けるんだ。僕は、キャラクターを思い起こさせる、過去に知っているかもしれない人を想像するんだ。(Touristの)Frankは、しっかりとしたあごひげをたくわえているけど、ちなみにこれは僕が生やせなかったから、全部のりでくっつけたんだ。それは完璧につくられたひげだったよ。これは、僕が何年も前に知って、常に魅了されていたある男性からきているんだ。だってそれは瓶の中の何かみたいに見えたんだ。ひげを実際にそんなに手付かずの状態にしておける人がいるなんて信じられなかったね。


johnny_depp+angelina_jolie

Q:
Did you have any actual tourist experiences while shooting in Venice?

JD: My tourist times were between the hours of 10 p.m. and 2 a.m. That was the only time that I could really wander and have a look around, because there’s virtually no one on the streets at that point. Everywhere you look is kind of a visual poem; I was amazed — these wonderful facades, clotheslines with people’s laundry, and little signs on churches “bread for the poor.” It’s a beautiful, magical place. That’s the Venice I like to see as opposed to going into the gondola and putting a flower in my teeth. I like the nighttime Venice, the quiet Venice, when it feels like the ghosts are around.

shooting 撮影  wander ぶらぶら歩く  virtually 事実上  amazed 驚嘆した  facade 外観  clothesline物干し用ロープ  opposed to … …と反対で  ghost 幽霊

Q:
ベニスで撮影をしている間に、実際に観光客の経験をすることはありましたか?
JD: 僕の観光客時間は、夜の10時から2時の間だったよ。それが、僕が本当にぶらぶら歩いたり、見て回ったりできる唯一の時間だったんだ。なぜなら、その時間には通りに本当に誰もいなかったからね。目にするすべてのものが見える詩みたいなんだ。僕は、素晴らしい外観や、人々の洗濯物と物干し用ロープや、教会の『貧しいものにパンを』というちょっとした看板に目を見張ったよ。それは美しい、魔法のような場所だ。それこそが、ゴンドラに乗ったり、花を口にくわえたりするのとは反対に、僕が見たいベニスなんだよ。僕は、幽霊が周りにいるかのように感じられる、夜間のベニス、静かなベニスが好きだね。

Q: Paris is home to you now. What makes you love the city so much?

JD: Everything. The literary history in Paris has been and always will be a fascination for me. The books that were written here, art history, paintings, painters who wandered these streets, great poets — it’s just always been magical for me and I’ve always oddly felt more at home here than anywhere else in the world. I suppose just to be surrounded by all this art, and all this incredible work that people have done over the years. You can feel. It’s still there, you still feel all those real writers. It’s very inspiring.

literary 文芸的な  fascination 魅惑  poet 詩人  oddly 妙に 
incredible 信じられないほど素晴らしい  inspiring 感動的な、想像をかき立てる

Q: パリは今やあなたにとってホームですね。どうしてそんなにその街が好きなんですか?
JD: すべてだよ。パリの文芸的な歴史は、今までずっと、そしてこれからもずっと、僕にとっての魅惑なんだ。ここで書かれた本、美術史、絵画、これらの通りをぶらぶら歩いた画家、偉大な詩人 - それは僕にとってただずっと常に魅惑的なものだし、僕はなぜか世界の他の場所よりもここがホームだといつも感じるんだ。この芸術や、人々が何年もかけて作ってきた、信じられないほど素晴らしい作品に囲まれていることだけだと思うよ。感じられるんだ。まだそこにいるんだよ。それらの本物のライターたちを感じるよ。それはとても感動的なんだ。

johnny_depp

It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors
Top