ダニエル・クレイグのインタビューを英語で読んでみよう

2005年に第6代目のジェームズ・ボンド役に抜擢され、1作目『カジノ・ロワイヤル』で007シリーズでの最高興行成績を稼ぎ出したダニエル・クレイグ。彼の鍛えられた肉体、ブロンドの髪、ブルーの瞳に酔いしれた女性も多かったのではないでしょうか? そんなクレイグのボンド作2作目『慰めの報酬』にまつわるインタビューを紹介します。出てくる英単語の意味と日本語訳もついていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

[出典] Cinema Blendの記事より抜粋

Q・・・質問 (Question)   DC・・・ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)の答え

Q: So after doing your first Bond movie, were you automatically attached? Were you totally in love with being Bond?

DC: I think I went into it as open minded as I possibly could. Once I’d made the decision to do it, that was it. There was no point in half-acidly going into this.

automatically 自動的に  attach 付着する  in love with ~ ~に恋に落ちる、~が大好きになる  as ~ as I possibly could 『as ~ as I can = できるだけ~する』という基本形が過去形(can→could)になり、possibly(できる限り)という表現が加わったパターンです  half-acidly acidlyは「不機嫌に」という意味なので、half-acidlyは、半分嫌々ながら、という意味になります

Q: 1作目のボンド映画の後は、自動的に役が身につきましたか?ボンドでいることが本当に大好きになりましたか?
DC: できる限りオープンマインドになって臨むことができたと思ってるよ。一度それをやろうと決めたら、やると決めたんだ。半分嫌々ながら演じるなんてことはなかったよ。

Q: How is the physical training for this different from your regular routine?

DC: The regular routine, I mean, I go to the gym a couple of times a week to try and keep myself just breathing. But when I’m doing a Bond movie, it’s seven days a week. But I don’t know any other way of doing it.

physical training 肉体的なトレーニング  regular いつもの  routine 決まったやること  a couple of 2、3の  breathe 呼吸する、息を切らせる  any other way of… …する何か他の方法 

Q: この映画のための肉体的なトレーニングは君がいつもやっていることとはどのように違いますか?
DC: いつもやることは、そうだな、僕はただ息を切らすほど体を動かそうと週に2、3回ジムに行くんだ。でもボンドの映画をやっている時は、週に7日だからね。でも他にそうする方法を知らないんだ。

Q: Do you see your Bond as different from the others?

DC: I’m a lover of the old lines. I love the Bond lines, I love the martini lines, I love the characters Q and Moneypenny– but we need to deserve the right to have them. We can’t just drop them in as gags. I know it’s surprising, but there is a generation of people who haven’t seen a Bond movie. They have no idea what it is. I want to entertain them as much as anyone else.

see 認識する、考える  line セリフ(の一節)  martini マティーニ。ボンドの好きなお酒  deserve ~の価値がある  gag 場合  surprising 驚かせるような  generation 世代  entertain 楽しませる 

Q:あなたの演じるボンドは、他のボンドたちと違うと思いますか?
DC: 僕は古臭いセリフが大好きなんだ。ボンドのセリフも、マティーニのセリフも、Qやマニーペニーといった登場人物も大好きだ。でも、我々はそれらを登場させるにふさわしくなければならにんだ。それらをただギャグとして登場させることはできないんだよ。驚きだけれど、ボンド映画を見たことのない世代の人々もいるんだ。彼らはまったくそれがどんなものかわかっていないんだよ。僕は彼らを、他の人たちと同じくらい楽しませたいと思っているんだ。
Q: Do you have a count of how many Bond related scars you have?

DC: I have a couple. I’m not trying to be macho, I promise you. It happens. The joke of it is, I got 8 stitches in my face in a really kind of asinine fight sequence. I just caught a shoe in the face. But I’ve been jumping off cranes and not doing anything to myself. I think it’s at the end of the movie, we got tired, and I just forgot to flinch.

scar ひっかき傷  related 関連した  macho マッチョ、たくましい男  stitch 縫い目  asnine 愚かな  sequence 連続  flinch 尻込みする 

Q: いくつボンドに関連した傷があるか数えてますか?
DC: 2,3個はあるよ。マッチョになろうとしているわけじゃないんだ、約束するよ。たまたま起こるんだ。これについてのジョークはね、本当につまらない戦いの連続で顔を8針も縫ったんだ。顔に靴が当たったんだよ。でも、僕はそれまでクレーンから飛び降りても何の怪我もしなかったのに。それは映画の最後だったから、僕らはみんな疲れてて、僕も尻込みするのを忘れたんだと思うよ。

Q: What’s surprised you most about being on this international, crazy-huge scale of making movies?

DC: Every day. I don’t know. I’m trying to enjoy all of it, I really am. Of course I want to make another Bond movie. But I’m realistic. Who knows? I’m just trying to get as much out of it as I can. But it’s surprising how well they’ve gone down. Who could know?

realistic 現実主義  go down well 受け(評判)が良い 

Q: この国際的な、ばかでかい規模の映画製作にかかわって一番驚いたことはなんですか?
DC: それは毎日だよ。難しいな。僕は全部を楽しもうとしているんだ、本当に。もちろん次のボンド映画を製作したいと思っているよ。でも僕は現実主義なんだ。誰にわかる?僕はただできるだけ多くのものを得ようとしているんだ。でも、こんなに評判が良かったのは驚きだよ。誰にわかっただろう?

daniel_craig

It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors

Related posts

Top