ブラッド・ピットのインタビューを英語で読んでみよう

昔から常に日本人が好きなハリウッドスターで上位にランキングされるブラッド・ピット。そんなブラピも、なんと今では6人の子持ちのマイホームパパに!
このインタビューは、通常のQ&A形式ではありませんが、ブラッド・ピットが自分の家族(アンジェリーナ・ジョリーと子どもたち)について、自分の言葉で語っているものです。彼が何と語っているのか、生の英語を読んでみませんか? (※ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは2014年に正式に結婚しましたが、このインタビューが行われた2009年には結婚していませんでした。)

[出典] Parade.comの記事より抜粋

Why he won’t marry Angelina Jolie. / どうしてアンジェリーナ・ジョリーと結婚しないのか

I have love in my life, a soul mate–absolutely. When someone asked me why Angie and I don’t
get married, I replied, ‘Maybe we’ll get married when it’s legal for everyone else.’ I stand by that, although I took a lot of flak for saying it–hate mail from religious groups. I believe everyone should have the same rights. They say gay marriage ruins families and hurts kids. Well, I’ve had the privilege of seeing my gay friends being parents and watching their kids grow up in a loving environment.

stand by 固持する、曲げない  take a lot of flack for … …のことでずいぶん非難を浴びる  hate mail 嫌がらせの手紙、抗議の手紙  have the privilege of … …の機会に恵まれる  loving environment 愛情のある環境

僕には人生に愛する人がいるよ。ソウルメイトがね。もちろんさ。どうしてアンジー(アンジェリーナのことをこう呼ぶ)と僕が結婚しないのかって誰かに聞かれた時、僕は「結婚が他のすべての人に合法になった時、僕たちも結婚するかもね」って答えたんだ。こう言ったことでずいぶん非難を浴びたけど(宗教団体からの嫌がらせの手紙とか)、僕はそれを曲げないよ。僕はみんなが同じ権利を持つべきだと信じてるんだ。ゲイの人々の結婚が家庭をだめにし、子どもたちを傷つけると彼らは言う。でも、僕は自分のゲイの友達が親になって、愛情のある環境で自分たちの子どもたちが育つのを見る機会に恵まれてきたんだ。

Wanting what’s best for his children. / 子どもたちにとってのベストを望んでいる

Would it bother me if a child of mine turns out to be gay? No, not one bit. Listen, I want my kids to live the lives they want to live. I want them to be fulfilled. I hope I teach my kids to be who they really are.

bother … …を悩ませる、…に迷惑をかける  turn out to be … …になる、…と判明する  fulfilled 満たされている

僕の子どもがゲイになったら嫌かって?いいや、まったくそんなことはないよ。いいかい、僕は自分の子どもたちに、彼らが生きたい人生を生きて欲しいんだ。彼らには満たされて欲しい。僕が子どもたちに、ありのままでいるように教えることができるといいね。

Knowing real love. / 本当の愛を知っている

Do you know how you tell real love? It’s when someone else’s interest trumps your own. I like to put it that way: trumps your own. Love of somebody else–of family, of your kids–becomes the most important, most worthwhile thing in your life. It’s what you foster and protect. You have to recognize real love when it’s there and know that in going after it there is always risk. To live with love, you have to chance losing it. That’s also true when you decide to have kids. It’s the risk you take for love.

tell 伝える、見分ける、分かる  interest 利益  trump 勝つ、打ち負かす  worthwile 価値のある  foster 育てる 
protect守る  recognize 分かる 
go after … …を追い求める  true 当てはまる、本当の

どうやって本物の愛を見分けるかわかるかい?それは、他の誰かの利益が、自分自身の利益に勝つときなんだ。僕はそういうふうに言うのが好きなんだ-自分自身のに勝つってね。誰か他の人への愛-家族や、自分の子どもへの愛-は、自分の人生で最も大切で、最も価値のあるものになるんだよ。それは、自分が育て、守るものなんだ。本物の愛がそこにある時は、それを分からなくてはならないし、それを追い求めるのには常にリスクがあることを知っていなくてはならない。愛とともに生きるためには、それを失うこともあるんだ。それは、子どもを持つと決めるときにも当てはまるよ。それは、愛のために取るリスクなんだ。


brad_pitt+angelina_jolie

Owning up to his biggest role. / 彼の最も大きな役割を告白する

I don’t know who or what is meant to be in my life, but this is certainly where I want to be. Here with them. I think this is the pinnacle. Even as I’m bound to this thing, in a way I’m freer than I’ve ever been.

certainly 確かに、確実に  pinnacle 絶頂、頂点  bound to … …に縛られる  in a way ある意味

自分の人生の中に誰や何が運命づけられているかはわからないけれど、これは確実に僕がいたい場所なんだ。ここに、彼らと一緒にね。これが頂点だと思うよ。僕はこれ(家族)に縛られているにもかかわらず、僕はある意味これまでになく自由なんだよ。

Becoming a family man. / マイホームパパになる

My life has been about big changes. It’s always been that way. When I go down a path, I take it to the end. Then I take another one. I took the path of not having kids–now it’s time for family. Children are a dominant value in my life now, and they weren’t before. They were always something I thought I’d get around to having when the time was right. It wasn’t what I was really seeking. In a way, I think I had to go and exhaust me before I could be good at being a parent. This family is full of life! There are laughs, aggravations, irritations, but at the end of the day, it’s fun. When life is really good, it’s messy.

path 道  dominant 支配的な、主要な  get around to … …するための時間を見つける、…する余裕ができる  seek 探し求める  exhaust 使い果たす  fall of life 元気いっぱいで  aggravation 腹立たしさ  irritation 苛立ち  messy 散らかった、面倒な

僕の人生はこれまで大きな変化ばかりだったよ。いつもそんな感じなんだ。ある道を下っていくと、最後まで突き当たる。それでまた別の道を行くんだ。僕は子どもを持たない道を歩んでいた-でも今は家族のための時なんだ。今の僕の人生の中で子どもたちは一番価値があるものだけど、前はそうじゃなかった。子どもたちはいつも、その時が来れば、持つ余裕ができるだろうと考えていたものなんだ。でも、それは僕が本当に捜し求めていたものではなかった。ある意味、僕はいい親になる前に、自分を味わって使い果たさなければならなかったんだと思うよ。この家族は元気いっぱいだからね!そこには笑いや、腹立たしいことや、苛立たしいことがあるけど、一日の終わりには、それは楽しいんだ。人生がとってもいい時は、それは面倒なものなんだよ。
It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors

Related posts

Top