映画 『17歳の肖像』から、英語表現・英会話フレーズをピックアップ

キャリー・マリガンが初々しく美しい女子高生を演じた『17歳の肖像』。キャリー・マリガンはこの作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされました。
1960年代のロンドンで、オックスフォード進学を目指す16歳の女子高校生ジェニーが、洗練された年上の男性デイヴィッドと出会って恋に落ち、刺激的な大人の世界に魅了されていきます。
オークションへの参加やパリへの週末旅行など、イギリスの社交界が垣間見れて、その中でどんどん美しさを増すキャリーに目を奪われっぱなしです!

※ 内容には、実際の会話表現と一部ストーリーが含まれます。
見る前にストーリーを知りたくないという方は、注意してくださいね。

You have no idea how boring everything was before I met you.
あなたと出会う前は、すべてが本当に退屈だった

デイヴィッドに連れられて大人の世界をのぞくようになり、こうデイヴィッドに告白したジェニー。”You have no idea”は、あなたには考えがない、つまり、あなたにはわからない、という意味になります。”how boring everything was”を直訳すると、すべてがいかに退屈だったか。
この”boring”(退屈な)という言葉が、この映画で語られる1つのキーワードです。実はこれ、間違えやすい単語。”boring”は、「退屈な」という意味なので、boring homework(退屈な宿題)やboring story(退屈な話)など、退屈させるものにつけます。一方、退屈した状態を表すのは、”bored”。「私は退屈だ」と言う正しい表現は、”I’m bored.”です。”I’m boring.”と言うと、「私は退屈な人だ」という意味になってしまうので要注意!

 

This is the one, Danny. You can see she’s different.
運命を感じてるんだ、ダニー。彼女は特別な子だ

デイヴィッドが友達のダニーに、ジェニーのことをさして言ったセリフです。恋愛ストーリーではもうおなじみ!?”the one”という表現ですね。その人、つまり運命の人、という意味です。SATCでも、最後にビッグがキャリーにそう言うのがとっても印象的でした。”see”は見る、わかるという意味なので、”You can see she’s different.”は、彼女は違う(特別だ)とあなたもわかるだろう、という訳になります。

 

So what you’re telling me is to be bored and then bored and finally bored again, but this time for the rest of my life?
This whole stupid country is bored.
退屈して、それから退屈して、そしてまた最後に、でも今回は死ぬまで退屈しろと?
このばかみたいな国全体が退屈してるのよ

ジェニーが校長先生にむかって言ったセリフです。”So what you’re telling me is”の部分は、はっきりと訳されていませんが、直訳すると、「つまりあなたが私に言っていることは」となります。”for the rest of my life”は、私の人生の残りの間=死ぬまでという意味ですね。

an_education1

I heve nothing. I didn’t take my exams. I left school. Where’s it all gone now?

私には何もないの。試験も受けなかった。学校もやめた。 どうしろと?

学校をやめてデイヴィッドとの結婚を決めたジェニーでしたが、全く予想外の事実にショックを受けます。その時、デイヴィッドにこう言いました。”Where’s it all gone now?”は直訳すると、「すべてはどこに行ってしまったの?」となりますが、映画で訳されている表現のほうがしっくりきますね。

 

All my life I’ve been scared, and I didn’t want you to be scared. That’s why I wanted you to go to Oxford.
私は人生で怖がってばかりだった。だからお前には怖がってほしくなかった。だからお前をオックスフォードに行かせたかったんだ。

それまでジェニーをオックスフォード大学に進ませることばかり考えてきた父親。その心のうちを、ジェニーにこう語りました。”That’s why…”は「だから・・・だ」という表現ですが、けっこう使えるので覚えておくとよいです!例文は、こんな感じです。”The movie was boring. That’s why everyone fell asleep.”(その映画は退屈だった。だからみんな眠りに落ちてしまった。)

 

Jenny: Miss Stubbs, I need your help.
先生、助けてください

Miss Hobbs: I was so hoping that’s what you were going to say.
それを言ってくれるのを待ってたのよ

ジェニーは最後に、学校の教師のもとを訪れ、こう言います。”Miss Stubbs”(スタッブスさん)と呼びかけていますが、イギリスでは(アメリカもそうですが)、先生=Teacherという呼び方はせず、このように名前で呼ぶのが普通です。日本語ではなじまないので、訳では「先生」としています。
“I was so hoping that’s what you were going to say”は直訳すると、「それがあなたが言おうとしていることだと、私はとても望んでいた」となります。that(それ)は、ジェニーの言った”I need your help.”という言葉ですね。”hope”は望むという意味ですが、映画で使われている「待っていた」という表現がこの文脈にはぴったりだと思います。

an_education2

It's fun to share! Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
Authors
Tags

Related posts

Top